rss ログイン
建設材料工学研究室  - 埼玉大学 工学部 建設工学科

Language

研究テーマ

メンバー

講義

論文・文献

学外学術報告

コンクリートカヌー

ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

浅本 晋吾 准教授

flagflag

モラトゥワ大学でAnura教授と

Good friendのMiguel博士と

Concreep8にてOxand社Bruno博士と


E-mail:
asamotomail.saitama-u.ac.jp
【専門分野】
コンクリート工学

【経歴】
1977年5月8日生  山口県宇部市で育つ
1996年3月 山口県立宇部高等学校卒
2001年3月 東京大学 工学部 土木工学科卒
2003年3月 東京大学大学院 工学系研究科 社会基盤工学専攻修士課程修了
2006年3月 東京大学大学院 工学系研究科 社会基盤学専攻博士課程修了
2006年4-5月 東京大学大学院 工学系研究科 学術研究支援員
2006年6月 埼玉大学大学院 理工学研究科 環境科学 社会基盤部門 助手
2007年4月 埼玉大学大学院 理工学研究科 環境科学 社会基盤部門 助教
2010年9月 フランスOxand社 客員研究員
2013年4月 埼玉大学大学院 理工学研究科 環境科学 社会基盤部門 准教授
現在に至る。

【最近の研究分野】
  • 高温負荷を受けたセメント硬化体の物性変化とその機構の解明に関する研究(電中研,北大,スリランカのモラトゥワ大学との共同研究)
  • 大深度地下におけるセメント系材料の力学的安定性評価(フランスOxand社との共同研究)
  • 実務設計から考えた混合セメントの有効利用に関する研究(JR東日本フロンティアサービスとの共同研究)
  • 微視的機構に基づいたセメント系材料の収縮機構に関する研究(旭化成建材(株)との共同研究)
  • 実構造物のひび割れ照査,及びひび割れ抑制技術に関する研究
  • 実環境条件に基づいたコンクリート構造物の劣化予測

【所属学会】
  • 土木学会
  • 日本コンクリート工学協会
  • RILEM

【研究費受給歴(研究代表のみ)】
  • 2007-2008年度 文部科学省科学研究費 若手研究(B)「実環境条件に基づいたコンクリート構造物の劣化予測モデルの開発」
  • 2008年度 前田記念工学振興財団 研究助成金 「コンクリートのクリープ促進によるPC,PRC構造物のプレストレス減少抑制と構造性能への影響に関する研究」
  • 2009-2010年度 文部科学省科学研究費 若手研究(B)「混和材料を複合的に用いたコンクリートの収縮ひび割れ評価システムの開発」
  • 2009年度 セメント協会 研究奨励金 「多孔体材料の体積変化機構に関する研究」
  • 2011-2012年度 文部科学省科学研究費 若手研究(A)「大深度地下重要構造物におけるセメント系材料の長期安定性リスク管理システムの開発」
  • 2013-2014年度 文部科学省科学研究費 挑戦的萌芽研究「圧入井における有害ガス漏洩リスク分析と高機能油井セメントの開発」
  • 2013-2015年度 文部科学省科学研究費 基盤研究(B)「60〜80℃領域の高温負荷がもたらすセメント硬化体の物性変化とその機構の解明」

【委員会活動】
  • 2007年-2008年 日本コンクリート工学協会 セメント系材料の時間依存性挙動に関する研究委員会 委員(終了)
  • 2007年-2008年 プレストレストコンクリート技術協会 高強度コンクリート設計施工規準委員会材料施工WG 委員(終了)
  • 2008年-2009年 日本コンクリート工学協会 混和材料から見た収縮ひび割れ低減と耐久性改善研究委員会 委員(終了)
  • 2007年-2010年 土木学会コンクリート委員会 混和材料を使用したコンクリートの物性変化と性能評価研究小委員会(333) 委員(終了)
  • 2008年-2010年 土木学会コンクリート委員会 コンクリート−地盤境界問題研究小委員会(332) 委員(終了)
  • 2011年-2012年 日本コンクリート工学協会 コンクリート構造物のひび割れ進展評価手法に関する研究委員会 委員(終了)
  • 2008年-2015年 日本コンクリート工学協会 電子情報化委員会 委員(終了)
  • 2011年10月-2014年3月 土木学会コンクリート委員会 セメント系構築物と周辺地盤の化学的相互作用研究小委員会(345) 委員(終了)
  • 2009年- 土木学会 国際関連小委員会 委員
  • 2010年- RILEM Technical Committee: Modelling of Transport and Chemical Equilibrium in Cement Based Materials 委員
  • 2013年10月- 土木学会コンクリート委員会 コンクリート構造物の安全確保のためのシステムに関する研究小委員会(225) 幹事
  • 2014年- RILEM Technical Committee: Thermal cracking of massive concrete structures 委員

【研究業績】
学位論文
  • 論文名:Enhanced Multi-scale Constitutive Model of Solidifying Cementitious Composites and Application to Cracking Assessment of Concrete Structures(セメント系複合材料のマルチスケール型時間依存構成モデルの高度化と実構造物のひび割れ評価) 博士(工学)(東京大学) 平成18年3月
土木学会論文集
コンクリート工学論文集
セメント・コンクリート論文集
コンクリート工学年次論文集
  • 松本高志,P. Suthiwarapirak,浅本晋吾:ECCの疲労解析モデルの構築,コンクリート工学年次論文集,vol.24,No.1,pp.237-242,2002
  • 浅本晋吾,石田哲也:コンクリートのクリープ・収縮に与える微細空隙中の液体特性及び分布の影響,コンクリート工学年次論文集,Vol.25,No.1,pp.509-514,2003
  • 浅本晋吾,石田哲也:温度履歴に依存するセメント硬化体の細孔内水分状態と体積変化機構の連関,コンクリート工学年次論文集,Vol.27,No.1,pp.451-456,2005
  • 浅本晋吾,玉置一清,大塚歩,睦好宏史:実環境作用に着目したコンクリートの収縮特性に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.29,No.1,pp.681-686,2007
  • 玉置一清,睦好宏史,浅本晋吾,三上浩:膨張剤およびビニロン短繊維を用いたコンクリートのひび割れ特性に関する実験的研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.29,No.1,pp.807-812,2007
  • 高木真由子,睦好宏史,Sudhira DE SILVIA,浅本晋吾:高強度コンクリートを用いたPRC梁におけるひび割れ特性,コンクリート工学年次論文集,Vol.29,No.3,pp.577-582,2007
  • S. SILVIA,H. Mutsuyoshi, S. Asamoto, M. Takagi: Shear Cracking Behavior of High-Strength Prestressed Reinforced Concrete Beams,コンクリート工学年次論文集,Vol.29,No.3,pp.679-684,2007
  • 高瀬隼人,睦好宏史,野田一弘,浅本晋吾:RC橋梁健全度診断システムの高度化及び適用範囲の検証,コンクリート工学年次論文集,Vol.29,No.3,pp.1711-1716,2007
  • 浅本晋吾,篠崎裕生,三上浩,睦好宏史:長期屋外乾燥させたPRC梁の曲げひび割れ性状に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.30,No.3,pp.559-565,2008
  • 大塚歩,三浦千佳子,浅本晋吾,睦好宏史:屋外暴露されたコンクリートの収縮性状に対する日射および降雨の影響,コンクリート工学年次論文集,Vol.30,No.1,pp.501-506,2008
  • 川名桂子,西岡友樹,睦好宏史,浅本晋吾:腐食促進実験によるRCおよびPRC梁の鉄筋腐食に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.30,No.1,pp.825-830,2008
  • 前川敦,睦好宏史,S. Silvia,浅本晋吾:超高強度コンクリートを用いたPRC梁のひび割れ性状,コンクリート工学年次論文集,Vol.30,No.3,pp.637-642,2008
  • S. Silvia, H. Mutsuyoshi, S. Asamoto, A. Maekawa: Shear cracking behavior of ultra-high-strength prestressed reinforced concrete beams, コンクリート工学年次論文集,Vol.30,No.3,pp.823-828,2008
  • 加藤恭介,浅本晋吾,松井久仁雄:内部液体特性に基づく多孔質材料の体積変化機構に関する研究, コンクリート工学年次論文集,Vol.31,No.1,pp.619-624,2009
  • 浅本晋吾,宮腰良太,辻貴大,松井久仁雄:固体表面に吸着する液体特性に依存するセメント硬化体の体積変化, コンクリート工学年次論文集,Vol.32,No.1,pp.593-598,2010
  • 加藤優典,辻貴大,浅本晋吾:高炉スラグ微粉末を用いたモルタル供試体の水分逸散と収縮特性に与える養生及び乾燥温度履歴の影響, コンクリート工学年次論文集,Vol.32,No.1,pp.203-208,2010
  • 武田亮祐,睦好宏史,浅本晋吾,渡邉光:超高強度コンクリートを用いたRC 梁のせん断性状, コンクリート工学年次論文集,Vol.32,No.2,pp.679-684,2010
  • S.V.T. J. Perera, H. Mutusyoshi, R. Takeda, and S. Asamoto:Shear Behavior of High Strength Concrete Beams, コンクリート工学年次論文集,Vol.32,No.2,pp.685-690,2010
  • 辻貴大,加藤優典,浅本晋吾,蔵重勲:養生・乾燥温度に依存する混和材混入モルタルの収縮特性に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.33,No.1,pp.509-514,2011
  • 松井久仁雄,浅本晋吾:浸漬熱と吸着測定によるセメントペーストと軽量気泡コンクリートの細孔構造の比較,コンクリート工学年次論文集,Vol.33,No.1,pp.605-610,2011
  • 平井遼介,磯崎光,浅本晋吾:超臨界二酸化炭素に曝露されたセメント硬化体の炭酸化進行および空隙構造変化に関する研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.35,No.1,pp.1933-1938,2013
  • 浅本晋吾, 横井太一, 平林雅也, 小林薫:混合セメントを用いたRC部材の持続荷重下の曲げひび割れ進展に対する養生日数,乾湿繰り返しの影響,コンクリート工学年次論文集,Vol.36,No.1,pp.712-716,2014
Cement and Concrete Research
Journal of Advanced Concrete Technology
Construction and Building Materials
Energy Procedia
Engineering Computations
国内学会(筆頭著者のみ)
  • 浅本晋吾,松本高志:歪み硬化型セメント系複合材料の疲労実験と解析手法の構築,土木学会 第56回年次学術講演会講演概要集V,pp.1156-1157(in CD-ROM),2001
  • 浅本晋吾,石田哲也: 内部空隙内の液体特性に着目したコンクリートの収縮機構の解明,土木学会 第58回年次学術講演会講演概要集V,pp.873-874(in CD-ROM),2003
  • 浅本晋吾,石田哲也,前川宏一:持続毛管力を内在するセメント硬化体の体積変化機構,第59回セメント技術大会講演要旨,pp.198-199,2005
  • 浅本晋吾,石田哲也,前川宏一: 微細空隙内の水分状態に基づいた時間依存変形モデルの高度化,土木学会第61回年次学術講演会講演概要集V,pp.457-458(in CD-ROM),2006
  • 浅本晋吾,睦好宏史,鈴川研二: ハイブリッドI型FRP構造部材の曲げ性状に関する実験的,解析的検討,第7回複合構造の活用に関するシンポジウム,59,(in CD-ROM),2007.11
  • 浅本晋吾,宮腰良太,松井久仁雄:吸着液体の特性に依存するセメント系多孔質体材料の体積変化,第64回セメント技術大会講演要旨,pp.42-43,2010.5
  • 浅本晋吾,加藤恭介,今野友香里,牧剛史:若材齢時のクリープ促進がコンクリートの材料特性およびPC梁の曲げ性状に与える影響に関する研究,土木学会第65回年次学術講演概要集,pp.1297-1298(in CD-ROM),2010.9
  • 浅本晋吾,松井久仁雄,石橋保孝:乾燥湿度に依存するALCの体積変化機構に関する研究,第67回セメント技術大会講演要旨,In CD,2013.5
  • 浅本晋吾,牧剛史,加藤恭介,今野由香里:若材齢にクリープを促進したPC梁のプレストレス変化と構造性能に関する研究,第22回プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム論文集,p.177-182,2013
  • 浅本晋吾,金冨明恵:200℃に曝露された坑井セメント硬化体の微細構造と強度に関する基礎的研究,土木学会第69回年次学術講演概要集CS,pp.27-28,2014
国際学会
  • S. Asamoto, and T. Ishida: Influence of liquid characteristic and its distribution in micro-pore on time-dependent mechanical behavior of concrete, Engineering Conference on Advances in Cement and Concrete, Copper Mountain, Colorado, pp.181-190, 2003.8
  • S. Asamoto, and T. Ishida: Influence of Thermo-Hygro Profile and Micro-Pore Characteristic on Time-Dependent Mechanical Behavior of Concrete, Proceedings of the 9th East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction, Bali, Indonesia, CMD-pp.8-13(in CD-ROM), 2003.12
  • Y. Furuya, S. Asamoto, and T. Ishida: Effect of Aggregate Stiffness and Porosity on Shrinkage of Concrete, EASEC10, MATERIALS EXPERIMENTATION MAINTENANCE AND REHABILITATION, p737-742, 2006.8
  • T. Ishida, S. Asamoto and K. Maekawa: Multi-scale Constitutive Model of Solidifying Cementitious Composites and Application to Cracking Assessment of a Concrete Structure, Advances in Concrete through Science and Engineering, 2nd International RILEM symposium, Quebec, Canada, (in CD-ROM), 2006.9 (Keynote)
  • H. Mutsuyoshi, T. Aravinthan, S. Asamoto and K. Suzukawa: Development of New Hybrid Composite Girders Consisting of Carbon and Glass Fibers, COBRAE conference 2007 Benefits of composites in civil engineering, 2, university of Stuttgart, 2007.3
  • S. Asamoto, H. Mutsuyoshi, T. Aravinthan and K. Suzukawa: Experimental investigation of innovative hybrid composite girders with GFRP and CFRP, Innovations in Structural Engineering and Construction, 4th International Structural Engineering and Construction Conference, pp.669-675, 2007
  • H. Mutsuyoshi, T. Aravinthan, S. Asamoto, A. C. Manalo and K. Suzukawa: Flexural behavior of hybrid FRP girder with concrete deck, Asia-Pacific Conference on FRP in structures(APFIS 2007), included in CD-ROM, 2007
  • S. Asamoto, T. Ishida, and K. Maekawa: Multi-scale time-dependent deformation model of solidifying cementitious materials coupling with aggregate properties, 2nd international conference on concrete modeling (ConMod08), pp.225-232, Delft, Netherlands, 2008.5.27
  • S. Asamoto and A. Ohtsuka: Study on shrinkage behavior of concrete exposed to actual environmental conditions, Sustainable infrastructure development in Asia, Proceedings of the international exchange symposium by ICGP, pp.68-73, University of Peradeniya, Sri Lanka, Sep. 2008
  • S. Asamoto, T. Ishida, and K. Maekawa: Multi-scale analysis of concrete shrinkage coupling with aggregate properties, Proceedings of the eight international conference on creep, shrinkage and durability of concrete and concrete structures, vol.1, pp.161-167, Ise-shima, Japan, 2008.9
  • A. Ohtsuka, S. Asamoto, and C. Miura: Influences of environmental factors on shrinkage behavior of concrete, Proceedings of the eight international conference on creep, shrinkage and durability of concrete and concrete structures, vol.2, pp.1419-1425, Ise-shima, Japan, 2008.9
  • T. Ishida, K. Maekawa, A. Bongochgetsakul and S. Asamoto: Multi-scale constitutive model of solidifying concrete coupled with micro-physical properties of cementitious composites, Proceedings of the eight international conference on creep, shrinkage and durability of concrete and concrete structures, vol.1, pp.145-152, Ise-shima, Japan, 2008.9
  • H. Mihashi, K. Maekawa, T. Ishida, S. Asamoto and I. Maruyama: Multi-scale modeling to link observed behavior, characterization and analysis (JCI committee report), Proceedings of the eight international conference on creep, shrinkage and durability of concrete and concrete structures, vol.1, pp.117-144, Ise-shima, Japan, 2008.9
  • S. Asamoto and M. Kato: Investigation into shrinkage behavior of mortar with blast-furnace slag based on micromechanics, Sustainable infrastructure development in Asia, Proceedings of the international exchange symposium by ICGP, pp.19-25, University of Ruhuna, Sri Lanka, Sep. 2009
  • R. Chammas, S. Asamoto, E. Houdu, and O. Poupard: Long term containment: well integrity assessment and modeling for CO2, 10th Annual Conference on Carbon Capture and Sequestration, Pittsburg, Pennsylvania US, May 2011
  • S. Asamoto, Y. Le Guen, O. Poupard, and B. Capra: Well Integrity Assessment for CO2 Injection - Thermo-Mechanical Behavior in Downhole CO2 Environment, Proceedings of the International Conference on Recent Advances in Nonlinear Models - Structural Concrete Applications(CoRAN 2011), pp.525-535, 2011
  • S. Asamoto, T. Tsuji and I. Kurashige: Study on moisture loss and drying shrinkage behavior of mortar with mineral admixture based on pore structure, Proceedings of international symposium on Advanced in Civil and environmental Engineering Practices for Sustainable development (ACEPS), pp.245-250, University of Ruhuna, Sri Lanka, Mar. 2012
  • A.I.G.K. Mataraarachchi, S.M.A. Nanayakkara, and S. Asamoto: Investigation of temperature rise due to heat of hydration of cement and annual temperature variation related to control of thermal cracking in concrete water retaining structures, Annual transactions of Society Structural Engineers, pp.33-42, Sri Lanka, 2012
  • R. Hirai, H. Isozaki and S. Asamoto: Study on Carbonation and Pore Structure of Cementitous Materials Exposed to Supercritical CO2, Proceedings of 12th international symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia (USMCA 2013), pp.777-786, Vietnam, Hanoi, Oct. 2013
  • S. Asamoto: Study on Mechanism of Hardened Cement Paste Volumetric Change Based on Liquid Characteristics in Fine Pores, Proceedings of international symposium on Advanced in Civil and environmental Engineering Practices for Sustainable development (ACEPS), University of Ruhuna, Sri Lanka, Sep. 2013 (Keynote)
  • S. Asamoto, K. Murano, I. Kurashige and D. Minato: Investigation into Characteristics of Cementitious Materials Exposed to High Temperature, Proceedings of the 6th Asia-Pacific Young Researchers and Graduate Symposium, The Structural Engineering for Sustainable Development (YRGS2014), pp.109-114, SIIT, Thailand, July 2014
  • S. Asamoto, K. Murano, I. Kurashige and A. Nanayakkara: Investigation into Effect of Mineral Admixture on Delayed Ettringite Formation, Proceedings of the 4th International Symposium on Engineering, Energy and Environment (ISEEE2015), pp.359-364, Thammasat University, Pattaya Campus, Chonburi, Thailand, Nov. 2015
  • H. Furuta, Y. Luan, S. Asamoto and T. Yoneda: Development of an Internal Hydrophobic Cementitious Material, Proceedings of the 4th International Symposium on Engineering, Energy and Environment (ISEEE2015), pp.365-370, Thammasat University, Pattaya Campus, Chonburi, Thailand, Nov. 2015
報告等
  • 睦好宏史,浅本晋吾,高瀬隼人:コンクリート橋梁の維持・管理システムの考え方と適用例,コンクリート工学,Vol.46,No.3,pp.10-16,2008.3
  • 浅本晋吾,丸山一平,半井健一郎:2nd international conference on concrete modelling (CONMOD-08) 参加報告,コンクリート工学,Vol.46,No.10,pp.58-59,2008.10
  • 浅本晋吾,三島徹也:ACI Fall 2013 convention参加報告,コンクリート工学,Vol.52,No.2,pp.209-210,2014.2

【受賞歴】
(本人)
  • 2005年 土木学会論文賞 「微細空隙内の分子熱力学事象から導出されたマルチスケール型時間依存構成則 (総合題目)」(石田,前川,朱と共同)
  • 2008年 土木学会論文奨励賞 「骨材特性との連関を考慮した複合構成モデルによるコンクリートの収縮解析」
  • 2010年 第64回セメント技術大会 優秀講演者賞 「吸着液体の特性に依存するセメント系多孔質体材料の体積変化」
  • 2010年 第32回コンクリート工学講演会 年次論文奨励賞 「固体表面に吸着する液体特性に依存するセメント硬化体の体積変化」
  • 2010年 土木学会全国大会第65回年次学術講演会優秀講演者 「若材齢時のクリープ促進がコンクリートの材料特性およびPC梁の曲げ性状に与える影響に関する研究」
  • 2012年 日本コンクリート工学会賞(奨励賞)「空隙径に依存するセメント系材料の体積変化機構に関する基礎的研究(総合題目)」
    共著の旭化成建材の松井さん,電中研の蔵重さん,卒業生の辻君のおかげで受賞できました.ありがとうございます.
  • 2013年 第67回セメント技術大会 優秀講演者賞 「乾燥湿度に依存するALCの体積変化機構に関する研究」
(指導学生)
  • 加藤恭介君:2008年 土木学会全国大会第63回年次学術講演会優秀講演者 「内部液体特性に依存するセメント硬化体の体積変化機構に関する研究」
  • 加藤恭介君:2009年 土木学会全国大会第64回年次学術講演会優秀講演者 「若材齢にクリープを促進させたPC梁のプレストレス減少抑制と構造性能評価」 2年連続受賞!
  • 磯崎光君:2012年度 埼玉大学工学部建設工学科 卒業研究優秀者 「CO2注入坑井におけるセメント硬化体の収縮および炭酸化に伴う空隙構造変化に関する研究」
  • 平井遼介君:2013年度 埼玉大学大学院理工学研究科環境社会基盤国際コース 修士論文優秀者「超臨界CO2に曝露されたセメント硬化体の炭酸化による空隙構造および透気性の変化に関する研究」
  • 塚原美晴さん:2014年度 埼玉大学工学部建設工学科 卒業研究優秀者「地下特殊環境に曝されたセメント硬化体における混和材の効果に関する検討」
  • 古田悠佳さん:2014年度 埼玉大学工学部建設工学科 卒業研究優秀者「内部撥水性を有するセメント系材料の開発」 ルアン先生と共同指導
  • JOSHI NIRMAL RAJ君:2014年度 埼玉大学大学院理工学研究科環境社会基盤国際コース 修士論文優秀者「Study on mechanism of cementitious materials based on liquid characteristics」

プリンタ用画面

 

Powered by Structural Material Laboratory © 1996-